部活生必見!「ケガ予防」に効果的な「勝ち飯Ⓡ」レシピ!

毎日の暮らしの中で、「ケガ」は身近にあるものですね・・・。
「ケガ」を予防するためには、丈夫なカラダを作っておくことが大切です!
今回は、ケガ予防のポイント、効果的な「食材」「料理方法」を活用した「勝ち飯®」レシピをご紹介します。
特に部活生やスポーツキッズなど、カラダが作られる年齢のお子さんや、そのご家庭の皆さん、ぜひ作ってみてください!

【目次】
①生命活動の中心的な役割、「カルシウム」のはたらき
②牛乳だけじゃない!「カルシウム」を多く含む食品
③日光を浴びよう!「カルシウム」の吸収を助ける「ビタミンD」

①生命活動の中心的な役割、「カルシウム」のはたらき!
突然ですが、問題です!
Q:カルシウムのはたらきは何でしょう?
「丈夫な歯と骨をつくる」と思ったそこのあなた!半分正解です!
カルシウムは99%が骨や歯の材料になりますが、残りの1%が細胞の中に存在していて、「筋肉の収縮」や「神経の伝達」、「血液の凝固」など様々な役割を果たします。

カルシウム画像サイト.jpg表キャプチャサイト用.jpg
カルシウムは、日本人が慢性的に不足しがちな栄養素の一つです。
日本人の平均的なカルシウム摂取量は、推奨されている量より少ないことが分かっています。(※表参照)

また、カルシウムが不足しがちなもう一つの理由として、リンの過剰摂取があります。
リンは、体内でカルシウムと結びつく働きがあるので、摂りすぎるとカルシウムの吸収を妨げてしまい、カルシウム不足に繋がります。
リンは、インスタント食品やスナック菓子、炭酸飲料に含まれていますので、これらの摂り過ぎには注意しましょう。

②牛乳だけじゃない!カルシウムを多く含む食品
カルシウムと言えば牛乳をイメージされる方も多いでしょう。
コップ1杯の牛乳には230㎎のカルシウムが含まれていますので、毎食コップ1杯の牛乳を飲めば、女性であればカルシウムの摂取量は満たすことができます。
牛乳の脂質が気になる方は、低脂肪乳や無脂肪乳を選ぶとよいでしょう。

チーズやヨーグルトといった乳製品もカルシウムが多く含まれていますし、
近年は和食に乳・乳製品を加えて、「コク」や「旨味」を追加し、「減塩」や「カルシウム摂取」が期待できる「乳和食」が注目されてきています。
カルシウムの含有量1サイト用キャプチャ.jpg

体質的に牛乳が飲めないという方も安心してください。カルシウムは、小魚や豆腐や納豆などの大豆製品、野菜類や海藻類にも多く含まています。
食事に上手に取り入れて、充分なカルシウムを摂取しましょう。

カルシウム含有量サイト用食品以外キャプチャ.jpg
③日光を浴びよう!カルシウムの吸収を助ける「ビタミンD
カルシウムの吸収を助けてくれる栄養素があります。それが「ビタミンDです。
牛乳などのカルシウム源と合わせて、ビタミンDが豊富な鮭、まぐろ、鯖などの魚やきのこ類を積極的にとりましょう。
また、ビタミンDは日光を浴びることで皮膚からつくられます。
室内競技の選手など、日光を浴びる機会が少ない人は、日光浴をすることもおすすめです。

【牛乳を使用した、カルシウムがたくさん摂れるレシピ!】
レシピ①.jpg詳しいレシピは、メニュー名をクリックして、チェック♪
鮭と白菜のミルク煮
レンジでとろぷる洋風茶碗蒸し
具だくさんミルクみそ汁
玄米茶のミルクプリン

【牛乳以外で、カルシウムがたくさん摂れるレシピ!】
レシピ②.jpg
詳しいレシピは、メニュー名をクリックして、チェック♪
厚揚げたまご丼
納豆トースト
ししゃものコチュジャン焼き
ひじき煮入りつくね


【ビタミンDが摂れる、きのこを使用したレシピ!】

レシピ③.jpg詳しいレシピは、メニュー名をクリックして、チェック♪
肉巻きしいたけ 梅しそ風味
きのこ豆腐



★柴田さん紹介.jpg
 ☞詳しくはこちら:plumin shibata-ryuichi of plumin home