2019.12.17

味の素ナショナルトレーニングセンター屋内トレーニングセンター・イースト ネーミングライツ契約締結

@味の素ナショナルトレーニングセンターイースト

12月17日、当社は独立行政法人日本スポーツ振興センターと「味の素ナショナルトレーニングセンター屋内トレーニングセンター・イースト」(2019年7月開所)のネーミングライツ契約締結の記者会見を実施しました。

これにより、味の素㈱と日本スポーツ振興センターは、既存の「味の素ナショナルトレーニングセンター」「味の素フィールド西が丘」に加えて、新規に「屋内トレーニングセンター・イースト」のネーミングライツ契約を締結することになりました。契約期間は2019年12月1日から2025年3月31日まで。
キャプチャ.JPG
当社は、2003年より日本代表選手団の強化支援事業「ビクトリープロジェクト®」に取り組み、トップアスリートに対して、当社の製品提供や「勝ち飯®」などの栄養サポート活動を行ってきました。
2009年に「味の素ナショナルトレーニングセンター」のネーミングライツを取得してからは、こちらを拠点として、「食」と「アミノ酸」の技術やノウハウを用いて、選手の国際競技力向上に貢献してきました。

新たな強化拠点「屋内トレーニングセンター・イースト」は、オリンピック競技だけではなくパラリンピック競技もトレーニングできる施設となっています。ネーミングライツを取得することによって、オリンピック競技、パラリンピック競技への支援活動をさらに推進します!

当日は、味の素㈱「ビクトリープロジェクト®」がサポートしている競泳の瀬戸大也選手、渡辺一平選手、坂井聖人選手、そしてパラ陸上競技の山本篤選手とのトークセッションも実施。
★IMG_0614.JPG
新しい施設について、「国際基準に準じた水深3メートルのプールでトレーニングができてありがたい」(瀬戸選手)、「パラ競技の人も非常に使いやすい施設、お手洗いが大きいのも非常に嬉しい」(山本選手)とコメント。

また、サポート活動について「サポートを受けてから"ちょこちょこ食べ"を意識している。補食をちょこちょこ摂る事で大会期間中に体重が減る事が少なくなり、バテづらくなった。」(渡辺選手)、「何を食べてコンディショニングすれば良いのか分からない時にすぐに相談できるので助かる。」(坂井選手)とコメントを頂きました。

記者会見後には、記者の皆様へトップアスリートにも提供している「エネルギー豚汁」と「パワーボール®」を実食して頂きました!
「だしが効いた汁物は美味しいし、からだも温まる!」「簡単に作れる『パワーボール®』、とっても美味しくてびっくり!」と大好評でした◎
★IMG_1486.JPG
★IMG_1481.JPG
当社は今後も、「食」と「アミノ酸」を通じてスポーツ領域における支援を拡大し、より多くの方々の「健康」と「栄養」に貢献していきます!
★IMG_1478.JPG

  • お集まりいただいた記者の皆様に、「勝ち飯®」やトップアスリートへの支援活動「ビクトリープロジェクト®」についてもご紹介させて頂きました。
  • 西井社長「食を通じた縁の下の力持ちとして、トップアスリートを力強くサポートする事を誓います」と宣言。