2021.5.20

頑張るアスリート必見!「減量」に効果的な「勝ち飯®」レシピ

皆さんは、減量をしたことがありますか?

スポーツをしている方の中には、競技によっては体重別などがあり、減量をしなければならないこともあるのではないでしょうか。


そこで今回は減量に効果的な「勝ち飯®」レシピをご紹介します。

急激な減量は、パフォーマンスの低下だけでなく、心身の健康を損なう恐れがあります。

計画的に、また、「体組成」や減量に必要な栄養素、料理方法などの実践ポイントを正しく理解し、おいしく食べて、減量を成功させましょう!!


【目次】
■「減量」=「体重が減る」ではない!
■「脂質」を抑え、「糖質」は運動量に合わせて調整!「たんぱく質」はしっかり!
■「ビタミン」・「ミネラル」も欠かさずに!
■ 減量におすすめの「勝ち飯®」レシピ紹介‼

■「減量」=「体重が減る」ではない!

みなさんがもし「1kg減量」するとしたら、どのようにしますか?
おそらく多くの人が、食事の量や回数を少なくするのではないでしょうか。
たしかに、エネルギーの摂取量が消費量を下回っていれば、体重は落ちていきます。
ではそれで体重が1kg落ちたとして、減量が成功したと言えるでしょうか?
答えは「NO」です。

いうまでもなく、アスリートの減量は、筋肉ではなく体脂肪を落とすことが必要です。そのため、まずは体重・体脂肪率を測り、自分の体組成を把握することが大切です。
減量は目標を定め、計画的に取り組んでいきましょう。

<参考>☛ 頑張るアスリート必見! 「増量!!」に効果的な「勝ち飯®」レシピ

イラスト①.JPG

■「脂質」を抑え、「糖質」は運動量に合わせて調整!「たんぱく質」はしっかり!

減量は【エネルギー摂取量<エネルギー消費量】の状態にする必要があります。
エネルギー摂取量を減らすために、まずは「脂質」を抑えましょう。
近年、糖質制限が流行っていますが、エネルギー源となる糖質が不足した状態で運動をすると、筋肉のたんぱく質を分解してエネルギーを生み出そうとします。
その結果、筋肉量が落ち、パフォーマンスの低下につながります。「糖質」は極端な制限は避け、運動量に合わせて調整しましょう。
一方、「たんぱく質」は筋肉の材料となるため、しっかり摂ることが重要です。
肉類は脂身の多い部分を避けたり、調理法では、揚げ物や炒め物よりも煮物や蒸し物を選択することで、脂質を抑えながらたんぱく質をしっかりと摂ることができます。
イラスト②.JPG

■「ビタミン」・「ミネラル」も欠かさずに!

減量中は食事量を抑えることで、コンディショニングに重要な「ビタミン」「ミネラル」が不足しがちです。
また、体脂肪をエネルギーに変えていく(燃やしていく)ためにはビタミンが必要になるため、ビタミンが不足すると減量がうまくいかなくなってしまいます。
ビタミン・ミネラルが不足しないように、野菜・きのこ・海藻を積極的にとりましょう!
イラスト③.JPG

■ 減量におすすめの「勝ち飯®」レシピ紹介‼

たんぱく質は筋肉の材料となるため、しっかり摂ることが大切ですね。
使用する部位や、調理方法を工夫することで、脂質を抑えながらたんぱく質を摂ることができます。
減量に効果的な「勝ち飯®」レシピを管理栄養士がご紹介します。
毎日の食事の参考にしていただき、計画的は減量に取り組んでください‼

減量におすすめ「主食」「主菜」レシピ
レシピ①.JPG
   ▶鶏むね肉のしっとり蒸し鶏
   ▶豚と根菜の甘酢煮
   ▶さばとキャベツのトマト煮
   ▶野菜とさわらのピリ辛レンジ蒸し


減量におすすめ「副菜」「汁物」レシピ
レシピ②.JPG
   モロヘイヤのおろしあえ
   ▶モロヘイヤのかき玉汁
   ▶ブロッコリーとコーンのミルクスープ


減量におすすめデザートレシピ
レシピ③.JPG
   抹茶寒天
   ▶にんじん寒天 オレンジ添え
   ▶簡単ヘルシーいちごジャム

★柴田さん紹介.jpg
☞詳しくはこちら:plumin shibata-ryuichi of plumin home